世田谷区豪徳寺の障害者自立支援団体の理念

お問い合わせはお気軽にどうぞ

お電話はこちら0334260768

営業時間は月曜から金曜の10:00~17:00です。

私たちの理念

私たちの地域

世田谷区には、小田急線梅ヶ丘駅近くに、日本で最初に開校した肢体不自由児の学校である東京都立光明特別支援学校(旧光明養護学校)があります。その関係で、全国で障がいのある人が一番多く住んでいると言われています。区内にはその他の福祉施設も数多くあり、以前から「まちづくり」などの住民参加による福祉活動が盛んです。

このような私たちの地域では、60年以上も前から地域の人々と障がいのある人との交流が生まれ、ともに支え合う関係が育まれてきました。その積み重ねの結果、最近は各地の商店街でも障がいのある人が自然に買い物をする姿が見られたり、日常的に鉄道やバスを利用することが出来るようになりました。普段から身の回りの世話を家族だけに頼るのではなく、様々な福祉制度やヘルパーの派遣などを活用しながら、地域で大人として当たり前に暮らす障がいのある人の数も、全国で一番多い地域であるとも言われています。

ともに生きる社会

福祉的な環境が比較的整っていると言われている世田谷区でも、重い障がいのある人の多くは、身の回りの世話を家族のみに支えてもらうしかなく、なかなか自由に外に出てこれないばかりか、トイレや入浴など生活していく上でガマンせざるを得ない現実があります。こうした状況の中で、私たちは「障がいの種別や程度に関わりなく、誰もが胸を張り、安心して生活できる地域社会の創造を通して、社会福祉の発展に寄与する」という理念の下で、地域の障がいのある人や家族に対する様々な支援活動に取り組んできました。

現代は「格差社会」が問題にされ、障がいのない人たちにとっても生き難い世の中です。子供たちのいじめや中高年の自殺などの深刻な問題が続く中で、切実に「お互いを大切にしながらともに支えあう社会の実現」が求められています。障がいのある人や家族を支えることは、地域住民の相互関係を変え、人に優しい「ともに生きる社会」を目指すことにつながると考えます。